売上拡大を狙う

今年は収入なしでしたが、青色申告することにしました。


青色申告しないと、申請が取り消されるかもしれません。


また再申請が通るかも分かりません。


収入なしでも青色申告しておけば、損失を今年や来年の所得から差し引いて節税できます。


専業の個人事業主は38万円以下の所得であれば、確定申告を出さなくても良いとされています。


副業の場合は20万円以下であれば、確定申告を出す必要がありません。


ただし、所得が低いことを税務署や地方自治体にアピールしておいて損はありませんので、確定申告は出しておくことをおすすめします。


フリーランスエンジニアの方にとって悩ましい問題の1つに、「確定申告」がよく挙げられます。


実際、フリーランスの方とお話していても「確定申告や税金周りのをどうしたらいいのか分からない」という声をよく伺います。


でも実は、確定申告のやり方を間違えると、想定する以上の損害がふりかかる可能性があります。


場合によっては、数万~100万円単位のペナルティ(罰金)が発生する恐れも。


そこで、今回は税理士の小池先生に「確定申告を誤ることのリスクと、確定申告をキチンとするベネフィット」についてお話いただきました。


質問させて頂きます。


私は本年、事業所得はゼロでした。


生活のためにアルバイトをしていたため、給与所得はあります。


また、事業のための出費(経費)もあります。


この場合「事業所得ゼロ」「給与所得あり」「事業経費あり」で白色申告は可能なのでしょうか?