2016年で印象に残った出来事を3つあげてみる

2016年もあと2ヵ月ほどで終わってしまいますが、今年印象的だった出来事として色々とありますが自分からは3つほどあげてみたいと思います。


まずは1月のデヴィッドボウイ死去です。


年が明けて早々デヴィッドボウイが死去したという衝撃のニュースが飛び込んできました。


日本では洋楽ロック好きな人以外にはあまり知名度がないかもしれませんが、現代のロックシーンに多大な影響を与えた伝説のミュージシャンの一人でした。


おそらく映画「戦場のメリークリスマス」で坂本龍一やビートたけしとともに出演していたという印象のほうが強いのではないかと思います。


また一人レジェンド級のロックスターがこの世を去ってしまったと思うと寂しさがこみあげてきます。


2つ目は7~8月のリオオリンピックです。


始まる前からブラジルの大統領が実質的に引き摺り下ろされるハメになったり、オリンピック反対デモが起きたり、給料が支払われてないという警察職員が君たちの安全は保障できないといわんばかりのメッセージを空港で掲げるなど始まる前から不安だらけのオリンピックでした。


自分が一番注目してたサッカーは女子サッカーはまさかのアジア予選敗退でオリンピック本戦に出ることすら出来ず、男子サッカーもグループリーグ敗退で終わってしまうというサッカーに関していうと日本は惨憺たる結果でした。


一方ブラジルは男子サッカーで念願の金メダルを獲得するという快挙を成し遂げました。


サッカーばかりに気をとられてましたが、日本は全体としてみると前回のロンドンオリンピックを上回るメダル数を獲得でき結果的にはよかったのではないかと思います。


オープニングセレモニーでは日本人があまり知らないブラジルの文化の紹介や、ブラジルの歴史を紹介する中で日系人に触れる演出もありました。


さらにクロージングセレモニーでは次のオリンピック開催国である日本の映像が流れ、ドラえもんやマリオなどが登場したあとマリオに扮した安倍総理が土管の中から登場する演出があるなど予想外の演出で楽しめました。


3つ目は11月のヒラリークリントン優勢の報道にもかかわらずまさかのドナルドトランプ大統領当選です。


アメリカ大統領選挙の結果が出たばかりですが、その結果はあまりにも衝撃的でした。


メキシコとの間に壁を作る、イスラム教徒の入国を禁止する、戦死したイスラム系アメリカ軍人の遺族に対する侮辱、在日米軍を撤退させる、日本も核兵器を持つべきだなど数々の過激発言を繰り返しさすがにこんな人が大統領にはならないだろうという大方の見方を覆して大統領に当選してしまいました。


公的な医療保険がなかったアメリカで医療保険改革通称「オバマケア」を成立させる、キューバとの国交回復、アメリカ大統領として初めて広島を訪問するなど比較的リベラルな政策を掲げていたオバマ大統領とはあまりにも対照的なアメリカ第一主義を掲げるドナルドトランプ大統領の登場でこれから世界は大混乱に陥ってしまうのではないかと心配しています。


ドナルドトランプ大統領誕生で来年以降アメリカや世界がどうなってしまうのか、注意深く見守っていきたいと思っています。


2016年もあと2ヶ月ほどで終わり、その間にもいくつか大きな出来事が起きるのではないかと思いますが、いいニュースが一つでも多くなればいいと願うばかりです。