逆流性食道炎と日本人

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えてスモーキング・お酒・体重過多等のライフスタイルの悪化、ストレスに縁って、今日本人に多く発症している疾患なのです。


だれでも、食べ過ぎたら「ゲプツ」となることはありますよね。


逆流性食道炎「GFED」の人はその症状が強く現れ、胃から食道にかけて灼熱感を伴う痛みが出ることもしばしばです。


歳を重ねると誰しもかかることがある病気です。


その治療法としては、近年はPPI療法が注目されています。


PPIとは、プロトンポンプインヒビターの略で、胃酸をつくる機能の一部を阻害して、最終的に作られる胃酸の量や強さを減らすことを目的にしています。


タケプロンなどは、PPIに分類されます。