コーヒーの受け皿

家庭でもお客様にコーヒーをお出しする時や、喫茶店でコーヒーを頼んだ時など、必ずといっていいほど受け皿が付いてきますよね。


受け皿の使い方を把握している人は本当に少ないのです。


じつはこの受け皿には、しっかりと本当の使い方があるのですが、それは一体何だと思いますか? それでは、受け皿の使い方を解説していきますね。


コーヒーカップを持つ時に熱くて持てないから、それではカップに付いている取っ手の意味がなくなってしまいますよね。


かき混ぜた後のスプーンなどの置き場として使う人もいるでしょう。


実はそれも間違いなのです。


本来、コーヒーはこの受け皿の上に移して、ある程度冷ましてから口にしていました。


コーヒーをこのようにして飲む習慣があった時代には、今のように薄い皿状の受け皿ではなく、今とは比べ物にならない位の分厚い容器だったのです。


確かに皿のような器に移して飲んでいる姿を想像するととても下品に見えます。


ですが、カップからカップへ移してから飲んでいると考えれば、そんなに不自然な動作ではないと思いませんか?ですがたとえこの豆知識を知っていたとしてもそんな方法試してみたいと思う人いないでしょう。


コーヒーは暑いうちに飲むのがおいしいですからね。